MENU

Violin Academy

子供から大人まで、目指す技術の
習得をサポートします。

TOPアカデミー

子供から大人まで、楽しく美しく
ヴァイオリンを奏でたい方へ、
『しのはらヴァイオリンアカデミー』を
開講しています。

楽しく美しくヴァイオリンを弾いてみませんか?
ウィーンで学んだヴァイオリンの楽しみ方、表現方法、テクニックをお伝えします。
当アカデミーでは、ヨーロッパの伝統楽器であるヴァイオリンをウィーンで学び、

その教授方法を専門に修行してきた講師によるレッスンをいたします。

イメージ

アプラウスミュージック代表/講師 篠原郁哉(Violin)

群馬県高崎市出身。
6 歳より齋藤雅代氏の指導によりヴァイオリンを始める。高崎商科大学さとう幼稚園、高崎市立北小学校、新島学園中学高校出身。小学4年生でからす川音楽集団(以下KOS)ジュニアオーケストラに入団。中学1年~高校3年までKOSフィルハーモニーオーケストラにてコンサートマスターを務め、同オーケストラのウィーン公演では現地音楽家と共演する。高校卒業後ウィーンへ渡る。私立ウィーン音楽院教育科(ヴァイオリン専攻)を最優秀の成績にて卒業。オーストリア国家認定ヴァイオリン教師資格取得。ウィーン交響楽団第一ヴァイオリン奏者、ドリス・ケステンベルガー氏に師事。同音楽院室内オーケストラではコンサートマスターを務める。在学中より演奏活動をウィーン、高崎、横浜、逗子、東京、札幌などで行う。日本へ帰国後、演奏活動と共に後進の指導にも力を入れている。
これまでにイレーネ・ブッフマン氏に師事。ウィーンフィルハーモニー管弦楽団コンサートマスター、ライナー・キュッヒル氏、同メンバー、フーベルト・クロイサマー、ヘルムート・ツェーヘットナー各氏に指導を受ける。また室内楽をラスツロ・ゲレープ氏に師事。

レッスン受講費

Fee 基本レッスン受講費

月謝制

コース 時間 値段 追加レッスン(1回)
初級者(小学生以下) 40分 ¥11,000 ¥3,500
初級者 40分 ¥13,500 ¥4,000
中級者(小学生以下) 45分 ¥15,000 ¥5,000
中級者 45分 ¥18,000 ¥5,500
上級者(小学生以下) 50分 ¥19,000 ¥6,000
上級者 50分 ¥23,000 ¥7,500
幼児(年中以上) 20分 ¥5,000 ¥2,000

 

年間回数40回 年会費5,000円 *講師により受講費が異なる場合がございます。 ※2020年12月末まで新型コロナウィルス音楽家支援として1,000円割引しております。(表は割引後の表示)

1回制

コース 時間 値段
1レッスンA 初級者〜中級者 40分 ¥6,000
1レッスンA 上級者 50分 ¥8,000
1レッスンB 45分 ¥9,000

1レッスンAは年会費5,000円。Bは年会費はございません。 *講師により受講費が異なる場合がございます。

体験レッスン

コース 時間 値段
体験レッスン 30分 無料

2020年7月更新 ※ご家族、ご兄弟等でのご入会の場合は、お二人目より年会費が半額となります。 ※講師の都合でお休みになる場合は代講を行います。

Musical instrument 楽器について

イメージ

楽器について

ヴァイオリンをはじめるのに、一番最初に用意しなければならないのが楽器です。
皆様ご存知のストラディバリなどの超高級楽器も存在しますが、始めからこのような楽器が必要ということではありません。
近年中国製のヴァイオリン製作技術の向上により、楽器を安値で手に入れることが出来るようになりました。
ヨーロッパ製楽器も様々な価格帯でのご用意が可能となり、初心者からヨーロッパ製楽器を購入される方も多いです。
中目黒弦楽器と連携し、楽器のレンタル、購入、メンテナンスまで安心してご提供できる体制を整えております。

子どもにヴァイオリンを習わせてみたい。でも高そう…というイメージで中々踏み出せないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
当アカデミー独自にレンタル楽器を用意し、格安にて貸出いたします。子ども用の楽器は身長、腕の長さ、手の大きさなどによりサイズがかわります。
一台ずつ購入すると大人のサイズまで3~5台もの買い替えが必要となりますが、楽器レンタルをご利用することで楽器購入の負担なく、気軽にレッスンを始めることができます。

Rental fee 楽器レンタル費について

子ども向け分数サイズ楽器レンタル 大人向けフルサイズ楽器レンタル
料金:500円/月

(1年更新。更新時、返却時に消耗品代金別途5,000円)

対象年齢5歳~12歳(身長105cm~145cm程度)
当アカデミーの生徒限定。数量限定。

料金:3,000円/月
(返却時に別途消耗品代金)

楽器購入費について

群馬県内、高崎市内でバイオリン、ビオラ、チェロを買うのにどこに行ったらいいのかわからない…
量販音楽店で買うのが安心か…

 

というお声をよく耳にします。
弦楽器は専門店で購入されることをお勧めいたします。
量産品の楽器を店頭に置いてあるだけでの販売方法は良い状態ではありません。
弦楽器は繊細な調整で音色が劇的に良くなり、また悪くなります。
販売の際にそのような点検調整の出来るお店で購入されることをお勧めいたします。

 

また楽器は購入後にも定期的なメンテナンスが必要です。中目黒弦楽器で購入するとメンテナンス調整費が無料となります。
年間約4回、当アカデミーにて出張点検サービスを行っており、安心して演奏することができます。

 

ご予算をお聞きし、それに合った楽器を最短3日でご用意することが可能です。
(カテゴリー、在庫によってはお時間をいただく場合がございます)
試奏をご希望の方もお気軽にお問い合わせください。
楽器だけではなく弓、肩当なども豊富な種類の中からお選びいただけます。
プロの演奏者がアドバイスまたは試奏を聴いて判断していただくことが出来ます。
中目黒弦楽器にて購入した楽器を買い替えの際は下取りの際に最大7割で下取りいたします。

フルサイズ4/4(大人用) 分数サイズ1/16~3/4(子供用)
ヴァイオリンセット(楽器本体、弓、弦、肩当、ケース)
入門楽器 90,000円~
中級楽器 300,000円~
分数サイズ1/16~3/4(子供用)
ヴァイオリンセット(楽器本体、弓、弦、肩当、ケース)
中古楽器 50,000円~
新品楽器 85,000円~

Policy 方針

イメージ

ヴァイオリンを楽しみ、ヴァイオリンから学ぶ

近年、習い事よりも学習塾を優先されるお子様が増えています。
そんな世の中で音楽はどんな意味があるのでしょう。
勉強だけでは身につかない、心の豊かさ、世界観を広げる助けができるものと考えています。
講師が修行したウィーンで、音楽は自然なもので身近な存在でした。そんな彼らの音楽は心から楽しんでる音色を醸し出しています。
習い事として、ご両親から勧められ嫌々ながら習うのが習い事ではなく、お子様本人が心から楽しみたいと思うレッスンを提供するのが我々指導者の役目です。

そんな音楽のきっかけにヴァイオリンはいかがですか?

ヴァイオリンは単旋律の楽器です。一人だけで演奏する曲目はわずか限られており、ほとんどが合奏。すなわち、人との関わり合い、支え合いを必要とする楽器です。
生涯を通じて、ヴァイオリン通じて人との関わりを持ち続けることのできるものです。

イメージ

ヴァイオリンは難しい…?絶対音感が必要…?

難しい…?
ヴァイオリンはピアノのように鍵盤を押せば音の出る楽器ではありません。
またギターのようにフレットがついていないので、音程を取るのが難しそう…
正直にお答えします。
ヴァイオリンは簡単ではありません。しかし、難しくありません。
だからこそ、ヴァイオリンを勉強するにはどうしても助けが必要なのです。
しかし、ヴァイオリンは普段使わない筋肉や身体の動きが必要なだけで、慣れてしまえば簡単に演奏することができるようになります。
例えば右利きの方が左手でお箸を使うのは最初は非常に難しいことだと思いますが、練習を重ねることによって左手でもお箸を使えるようになるはずです。

絶対音感…?
よく絶対音感という言葉を耳にし、生まれつきその音感を持ってる人間だけが音楽、ヴァイオリンが弾ける。ということをよく聞きます。
しかし音感というのはただ音に慣れているという習慣なのです。聴き慣れてる音か、そうでない音かという判断をできればヴァイオリンが弾けます。
そしてその習慣は生まれ持ったものではなく身につけるものです。

Lesson Policyレッスンの方針

子供のためのレッスン

小さいころ(幼稚園~小学生)から習い始めることのメリットは、子供の柔軟性を大いに活用し、新しいことをどんどん吸収していってもらえるということです。
ヴァイオリンは、ピアノのように鍵盤を押すと鳴る楽器ではありません。まず右手のボーイングの技術がしっかりしていないと、雑音にしか聴こえません。それから左手のテクニックによって音程が生み出されます。
左右の手で全く違う作業をするヴァイオリンでは習い始めが非常に重要となります。生活の中では全く使わない筋肉などを使うことになるのでそれだけでもまず大変なものとなります。
そのため上達のスピードは差が生まれます。それぞれに得意不得意があるので、その部分を一つずつクリアーしていくことによって上達していくものです。ですので、当アカデミーはみなさんを全く同じメソードではレッスンをいたしません。基本的なコンセプトの元、色んな課題をクリアーしていくことで、子供達自身が音楽をヴァイオリンを楽しめるように指導していくのが、当アカデミーのメソードとなります。

ヴァイオリンを通して学んでほしいこと

ヴァイオリンは上記のように簡単ではありません。音を出せるようになるまでに非常に苦労し、出せるようになってからも次々と新しいテクニックが出てきます。
成功体験と失敗体験を通して諦めない心を養って頂きたいと考えています。
ヴァイオリンを習っていくうえで、必ず面白くない練習や辛い練習があります。しかし、これはどの分野においても楽しいことだけでは前に進めないということに繋がっていくものだと考えています。
どんなスポーツでも基礎練習は必ず必要であり、それは決して楽しいものばかりではないはずです。
このような、面白くないこと、辛いことを通して得られる成功体験をヴァイオリンを通して経験していただきたいと思います。

音楽的な感覚

ヴァイオリンは他の楽器に比べても音感が大切な楽器です。
音程の合っているかどうかを判断するのは自分自身の音感が頼りになります。
このような感覚は持って生まれたものだけではなく、訓練(慣れ)で身につけることが出来るものです。
周りで鳴っている音がどの音程なのか、判断できるということも絶対音感の一つではありますが、これもヴァイオリンを通して訓練していくことになります。
このような音の感覚を持ち合わせていることで、学校の授業などで合唱する際などに音程を取りやすくなったり、聴音などのテストでも比較的音程を取ることが楽になると思います。

何より、音楽の才能は音程などの正確さだけでなく、子供自身の音楽性も重要なことです。
習い始めの段階から、曲のイメージとその表現方法を子供と一緒に探究し、伸ばしていきます。

大人のためのレッスン

小さいころに習ってみたかったけれど、機会がなく習えなかった…
ピアノは習ってて、ある程度弾けるようにはなったけれど他の楽器も触ってみたい…
そんな大人の方が非常に多くいらっしゃいます。

実はヴァイオリンは手軽な楽器になってきています。中国製のヴァイオリン製作技術の向上により、楽器を安値で手に入れることが出来るようになりました。

あの曲が弾いてみたい派? とにかく触ってみたい派?

ヴァイオリンを習ってみたいという方はどこかでヴァイオリンの音色に触れ、自分も奏でてみたいと思ったのではないでしょうか?

その中でも、憧れの曲というものをいつか弾いてみたい!という方もいらっしゃると思います。
そういう方へのレッスンはまずその希望の曲をお聞きし、その曲を仕上げるための近道を探していきます。その中でヴァイオリンにとって必要なテクニックなどを学んでいっていただきます。
少しでも目標の曲に近づくことで、モチベーションも保つことができて楽しいヴァイオリンレッスンを受けることが出来ると思います。

一方、とにかく弦楽器に触ってみたい!という方。
そういう方はヴァイオリンを弾く上での基本的なテクニックから様々な曲を練習しながらヴァイオリンの楽しさを身につけていただきます。

便利なワンポイントレッスン

当アカデミーでは継続的なレッスンだけでなく、一回ごとのレッスンを受けることも可能です。
自己流や、市民オーケストラなどで演奏されている方で、何か上手くいかない… どうやって弾いたらいいのかわからない… しかし継続的にレッスンは難しい…
という方のためにワンポイントレッスン(1レッスンB)をおすすめいたします。
年会費がかからず、1回のみの受講も可能となっておりますのでお気軽に疑問解消、ワンランク上のテクニックを身につけていただけます。

学生、アマチュアオーケストラのためのレッスン

ヴァイオリンを始められるキッカケの一つにオーケストラがあると思います。
オーケストラに所属の場合、オーケストラで演奏される曲目を中心にヴァイオリンの技術を習得していくことになる場合が多いです。
ただ、自己流で弾いているとオーケストラの中では弾けている気がしても、一人で練習してみるとうまく弾けない…ということがあると思います。
オーケストラの曲目には様々なテクニックが必要です。どれもヴァイオリンの基本的なテクニック以上のレベルが要求される場合があります。。

そこで、オーケストラの曲目を使いながら必要なテクニックを身につけていただけるレッスンを行っております。
部活動のオーケストラは毎日の練習に加えてのレッスンが非常に難しい状況ですが、その中で上達できる練習方法などを提案します。

ヴァイオリンの難しいポイントでもある指使いなども、弾きやすいものを提案しております。
小学生の時よりオーケストラ活動、アンサンブル活動を行ってきた講師が丁寧にレッスンいたします。
是非一度、体験レッスンにお越しください。

Contact

ヴァイオリンアカデミー、
サロンスペースのご利用、
コンサートのご相談など、
まずはお気軽にお問い合わせください

more

ページの先頭へ